食後の眠気を防ぐ大切さ

昼食の後はいつも眠くなって困る。
午前中は調子よく働けたのに、午後になると急激に能率が落ちる。
このように感じることはありませんか?
特に人と会う営業などの仕事では、何としても眠さを防ぎたいですよね。
眠気を防ぐためのポイントがあります。
・食事の前にコップ2杯程度の水を飲む。
・出来るだけゆっくり食べる。
・食事の量は腹八分目に。
この点を昼食時には気を付けておきましょう。
そもそも、食事をすると眠くなるのは何故?
理由の一つは、腸での消化吸収のために副交感神経の働きが高まるから。
もう一つは、腸に血液が集まり、脳の血流が不足しエネルギー不足になるから。
主にこの二つです。
なので、食後に多少眠くなるのは仕方がないことかも知れません。
ですが、強烈な眠気は防ぎたいところです。

 

2
ここで、自律神経について簡単に説明を加えておきますね。
自律神経とは人の体を自分の意志とは関係なく調節する神経で、交感神経と副交感神経の二つがあります。
交感神経とは、人を興奮させ活動を高める神経。
副交感神経とは、消化や吸収の働きを高める神経で、人をリラックスさせます。
なので、副交感神経の働きが高まると眠くなるのですね。
人は食事中には、噛むという動作をしているため交感神経が働き、眠くはなりません。
食後に寝る人は居ても、食べながら寝る人は居ませんよね。
食事が終わると消化活動が始まり、自律神経の働きは交感神経から副交感神経優位に“急転換”します。
この急転換が、強烈な眠さに襲われてしまう原因になるんです。
副交感神経の働きに反動が付いてしまうためです。
そうなってしまうと自分自身ではどうすることも出来ません。
自律神経は自分の意思とは関係なく働くので、気合や根性は何の役にも立ちませんよ!!
急転換を起こさないように、食前・食事中から副交感神経の働きを少しずつ高めていくことが激しい眠気を防ぐためには大切。
食前に水を飲むことで、胃・結腸反射という反射が起こり、副交感神経が働き始めます。
ゆっくり食事をすると、少しずつ副交感神経の働きが高まります。

 

3
そうすると、自律神経働きの急転換を防げ、強烈な眠気に襲われることはなくなります。
食事の量も大切。
腹八分目を心がけ、消化吸収に使うエネルギーを減らせば、脳がエネルギー不足になることもありません。
早食いと食べ過ぎは強い眠気のもとになります。
・食事の前にコップ2杯程度の水を飲む。
・出来るだけゆっくり食べる。
・食事の量は腹八分目に。
くれぐれも心がけて下さいね。
しかし、この話をすると必ずこう言う人が現れます。
「早食いは昔から出世する条件とされている、ゆっくりした食事より時間の方が大切。」
もっともな意見ですよね。
私も昔はよくそのような話を聞かされました。
これについては、私はこう考えています。
“時代は変わり、早食いが出世する時代は終わった”
インターネット社会になって以降、時代の変化は以前の7倍のスピードで進むと言われています。

様々な情報が一周にして届く時代です。

 

4
それは誰もが“意思決定”をしなければいけない機会が増えたということを意味しています。
意思決定する機会が増えたということは“考える機会”が増えたという事!!
将来に大きくかかわる重要な意思決定。
晩御飯は何を食べようといった些細な意思決定。
様々ありますが、最適な決定は冴えた頭で下さなければなりません。
早食いで眠気に襲われている時に、大切な意思決定が出来るでしょうか?
そう考えると、やはり早食いは改めるべきではないでしょうか?
早食いが出世すると言われたのは、それほど頭を使うことを必要とされていなかった時代の話です。
頭脳労働よりも肉体労働が尊ばれた時代の話。
今は間違いなく頭脳労働の時代です。
ランチの後の眠気を防ぎ、質の高い仕事を行うため。
食事に関する習慣も少し意識してみてはいかがでしょうか?

 

 

5
2.居眠り防止のコツ
昨日お話させていただいた眠気を防ぐポイント
・食事の前にコップ2杯程度の水を飲む。
・出来るだけゆっくり食べる。
・食事の量は腹八分目。
心掛けてみたけど、やはり眠くなる!!
そんな時には、何を食べたのかを思い出してみて下さい。
ラーメンとご飯。
おにぎりと菓子パン
などのように、麺類、白米、糖質が多い物ばかり食べていませんか?
これらは血液中の糖分の濃度(血糖値)を急激に上昇させます。
その後、血糖値を下げるために膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。
急激に上昇した血糖値は反動で急激に下がります。
そうすると脳のエネルギーとなるブドウ糖が供給されなくなり、眠くなってしまうのですね。
どうしても午後は睡魔に襲われてしまう。

ならば居眠り防止のコツとして、主食のご飯を抜いてみましょう。

 

6
定食を選び、おかずだけ食べてご飯を抜きにしてみるなど、工夫してみて下さい。
おかずも砂糖が多く含まれている物は避けてみましょう。
糖分を避けることで、血糖値はゆっくり上昇しゆっくり下がるので、脳に安定してエネルギーが供給されるようになります。
でも、どうしてもご飯は食べたい。
お米無しでは食べた気がしない。
ならば、ご飯の量を減らし、食べる順番を意識してみましょう。
野菜などを最初に食べ、肉や魚などタンパク質の主菜を食べ、ご飯は最後に食べます。
この順番で食べることで、糖の吸収が緩やかになって、血糖値の急激な上昇を防ぐことが出来ます。
血糖値の急激な上昇は、本当に恐ろしいことにつながります。
インスリンの過剰分泌が起り、血糖値が下がり、脳がエネルギー不足になる。
それは眠くなるだけでなく、精神的な落ち込みも招きます。
沈んだ気分を解消しようと、甘い物を食べる習慣を持つ人も多いでしょう。
そうする事で、また血糖値が急激に上がり一時的に気持ちは回復します。
しかし、また反動でエネルギー不足が起り、何をするのもおっくうになる。

 

7
このような悪循環に嵌ってしまいます。
だからと言って、ご飯好きや甘党の人に我慢しろと言うのは、余計にストレスが掛かってしまいます。
急激に食生活を変えると、反動が出た時にもっと怖い事になりがち。
ランチの後の眠気を防ぐ。
それを、食生活を見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

 

8
3.集中力の低下を防ぐ
朝は調子良く仕事が出来ても、夕方が近づくと集中力が途切れる。
こんな時には缶コーヒーや甘い物に手を伸ばしてしまいがち。
しかし、これは何の解決にもなりません。
一時的に気分の高揚を感じますが、逆に注意力が散漫になってしまいます。
血糖値が急激に上がり、その反動で大きく低下してしまうからですね。
脳へのエネルギー補給のつもりが逆にエネルギー不足になる。
このような不思議な現象が起きてしまうんです。
では、集中力の低下を防ぐにはどうすれば良いのでしょう?
集中力は脳が安定してエネルギー生産出来ることで継続されます。
そのためには栄養素をエネルギーに変換する働きをするビタミンB群が大切。
ビタミンB群を多く含む食品の代表と言えば、豚肉、うなぎ、まぐろ、レバーなど。
主に肉や魚などの動物性タンパク食品です。
ランチでこれらの食品を意識して摂ると、脳のエネルギー不足の予防になるでしょう。
日頃の食生活も要注意!!

 

9
糖質の多い食生活が続くと、ビタミンB群を大量に消費します。
慢性的なビタミンB群不足になり、頭がボーッとしがちになります。
疲れやすいのも、ビタミンB群の不足が原因ですね。
でもエネルギー不足になった時には、やっぱり何か食べたい。
そんな時は、ピーナッツ、アーモンド、クルミなどがおすすめ。
これらの食品にもビタミンB群が含まれています。
せんべいやクッキーなどの糖質より、脳を効率良く働かせてくれるでしょう。
集中力を保つ事は、情報過多の今の時代は本当に難しくなりました。
充実した毎日を過ごすために、ぜひ意識してみて下さいね。

 

10
4.ゆっくり歯を磨くと一日が安定する
朝の歯磨きをゆっくりすると、一日落ち着いて過ごすことが出来る。
自律神経研究の第一人者の著書に、このような話があったのでシェアさせていただきます。
どうしても、朝はバタバタとしてしまいがち。
ゆっくり歯磨きなんかしているヒマはない!!
多くの人はそう感じるのでは?
ですが、意識してやってみると、意外なほど一日安定した気持ちで過ごす事が出来ます。
いくら朝は時間が無いからと言って、歯磨きをゆっくり出来ないことはないでしょう。
せいぜい2〜3分程度の違いにしかなりません。
この僅かな時間、ゆっくりした行動を意識することによって、自律神経の働きが安定します。
それだけで呼吸が安定し、物事を冷静に判断出来るようになるのです。
朝バタバタしてしまうのは、現代では仕方が無い事かも知れません。
しかし、そのバタバタした行動は自律神経の働きを乱します。
やっかいなことに、一度崩れた自律神経のバランスは、なかなか整ってくれません。
心身ともに不安定なまま、一日を過ごす事になってしまいがち。

 

11
そうなると、意味も無く不安になったり、イライラしたり、何事にも集中出来なかったり。
出勤前の朝、ゆっくり歯を磨くことを心掛ける。
それだけで、一日安定した状態で過ごせるなら、試してみても損はないでしょう。
そもそも朝は時間が無いと感じるのは錯覚でしかありません。
時間は、朝でも昼でも夜も、同じように流れています。
朝バタバタしてしまうのは、自律神経の働きが安定していないため、気持ちが落ち着いていないから。
車の運転に例えれば、頻繁にギアチェンジをしたりブレーキを掛けたりしている状態。
少しゆっくりとした時間を持ち、そこから落ち着いてギアをゆっくり上げ、後は安定走行。
このようなイメージで、朝のゆっくり歯磨きを試してみてはいかがでしょう。